FC2ブログ
 

茨木シニアカレッジ        「いこいこ未来塾」ブログ

ほっこり

15日(土)と16日(日)の二日間で5コースの講座が開催されました。
詳細は後日お伝えしますが、開講から半年経って
クラスの雰囲気も慣れ親しんだ和気藹々とした空気に
なっているのではないでしょうか。
講座が終わって、会場を出られる時の賑やかな話し声に、そう感じます。

講座後はCAさんは片付けに追われますが、
昨日はCAさんからの差し入れで、キャラメルをいただきました。
大阪のおばちゃんは「飴ちゃん」が定番ですが、
私はキャラメルが好きなので、嬉しくてすぐいただきました。

大阪マラソンは、沿道の声援とスイーツが名物です。
「飴ちゃん食べて頑張って!」と選手に差し出す方もいらっしゃるとか。
気持ちが入った物にはパワーも入っているようです。

ご馳走さまでした。

PageTop

いよいよ? いまさら?

自宅で音楽を聞きながらPCで作業中、電話の呼出音がしているのに
気が付きました。(結構な音量で音楽を聞くので)
で、電話の子機をとろうとしましたが、手が空中でストップ・・

机には、定番のペン立て、置き時計、リモコンケース、
そして、インターホン子機、電話の子機・・・
まずは、音を消さないと・・
それから受話器を・・
忙しさのゆえ(ということに)物でいっぱいの机上を目で追い、
頭で理解していても体がフリーズ・・

無事?電話を終えて、軽くショックを受けました。
これは加齢? 性格? もしかして・・?
ドジで天然な部分も多々ありますが、危ないお年頃でもあります。
脳トレを始めたほうがよさそうです。

PageTop

災害を超えて

地震、豪雨、台風、また台風、そしてまた地震・・・
プラザまでの行き帰りにも、アンテナが倒れたり、倒木があったり、
カーポートが横倒しになったりというお宅を数多く見ました。
次にいつまた台風が来るのかびくびくです。

先日、台風の翌日に所要があり朝の阪急電車に乗りました。
JRが通常通り運行していないとかで、阪急は超すし詰め状態でした。
茨木市駅のホームに到着した電車のドアの内側は・・
男性が顔をこちらに向け張り付いていました。
ぎょっとして怯みましたが、後ろから押されるようにして乗り込みました。

車内は蒸し暑く、汗が流れ目に入っても手を上げることもままならず、
全員が乗った状態のまま動きがとれません。
「大丈夫?!」との声がして顔を向けると、若い女性が目を閉じて
ふらふらと揺れています。
周囲の人の声かけで席を譲られたようで、
その後も乗客の方がお世話をされているようでした。
スピードも抑えて走行していたと思いますが、
人が少し減った淡路までの時間が1時間にも感じられた苦行の朝でした。

災害列島の日本ですが、こんな時も思いやりや気配り、秩序があって
災害を繰り返し乗り越えてきた日本人の強さを実感する日々です。

PageTop

マイタウン・マイガンバ



共通講座の最終は、ガンバ大阪の営業部長、伊藤慎次さんによる講座でした。
前日のシニアコース講座に続き、大阪のノリとツッコミで笑いの渦の中、
日本サッカー界の規模やガンバ大阪のホームタウン活動、
吹田のスタジアムができるまでの経緯や、今後のことなどを
多くの映像やデータで示していただきました。
吹田のスタジアムは、1席あたりの単価を新国立競技場の五分の一に抑え、
総工費の大半をガンバ本体の寄付で集められたとか。

ホームタウン活動を活発にされていることは、伊藤さんの口から次々と出る
ローカルな名前の連発をお聞きするだけで、十分実感できました。
ホームタウン7市のメンバーである茨木市の市民として、何か応援を・・
と思ってしまう(?)講座でした。

伊藤さんが最後に話されたのは、
「ここで皆さんと出会えたのは奇跡です。今日の続きの明日があるとは限らない。」
という内容でした。
お父様は、朝、行ってきますと出られて、事故でそのまま亡くなられたとか。
他にもご不幸があって、「今日」「今」という時間、出会いを
大切にされているのだと思いました。
最後は、伊藤さんの呼びかけで全員の集合写真を撮りました。

一期一会、という言葉も思い出した一日でした。

PageTop

またまた台風襲来🌀

今年は、地震、豪雨、台風・・・と大当たりの年です。
地震後の補修などまだ続いている中での台風や豪雨は、まさに弱り目に祟り目です。

台風21号は明日近畿を通過しそうです。
午前7時時点で暴風警報が出ていたら、プラザは閉館です。
カレッジ事務局もお休みさせていただきます。
講座はありませんが危険を伴いますので、不要不急の外出は控えましょう!

PageTop