FC2ブログ
 

茨木シニアカレッジ        「いこいこ未来塾」ブログ

里山の観察をしました

2回目は、阿武山に出かけて観察しました。
気候もよく、屋外の観察に最適の条件でした。
1回目に説明を受けた、クサギが、花から散り落ちて結実する過程が実際に観察できる条件でした。
実際に木を前にして説明を受けたので、関心も高く、理解も進みました。

クサギクサギの実
一方で、ナラガレや増え続ける外来植物をまじかに観て、自然環境の厳しい現実を実際に確かめることができました。
一見、きれいな花も、外来種のため、他の植物等に影響が及んでいることを知りました。喘息等、ヒトにも影響があると
解説された記事を思い出しました。ナラガレは、全国的に被害が広がっているようです。

ナラガレセイタカアワダチソウ

気候も良かったので、チョウが草花に戯れる様も楽しい光景でした。
春の里山に比べると目を引く花が少ない反面、秋でないと見られない木の実に出会いました。
また、葉っぱが色づいて春とは異なる魅力の樹木にも出会いました。
季節を問わず、観察する楽しさがあるものだと実感しました。

チョウと花イチゴ

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)