FC2ブログ
 

茨木シニアカレッジ        「いこいこ未来塾」ブログ

シニアの生き方と地域での活動

8-7プラチナ 8-7地域

今年も酷暑のお盆でしたが、皆様、どう過ごされたでしょうか。
カレッジでは、お盆前に2つの講座が開催されました。

プラチナコースでは、大阪ソーシャルワーカー協会会長の大塚保信さんによる「豊かな老後の創造」を
テーマに、高齢社会のゆくえや誤った老人観などを教えていただきました。
老後の四悪とは・・・孤独、病気、貧困、無為
昨今、「老後破産」「老後貧乏」「無縁死」等、メディアや出版物からの溢れるような”負のイメージ”に辟易していますが、
豊かな老後の創造のために、それらを追放し、仲間づくり、若さへの挑戦、と力をいただく講座でした。
講座が終わり、前向きな気持ちになったという受講生の方も多かったようです。

バーナード・ショーの言葉を紹介されましたが、講座の後ではより心に染みます。
「老いゆえに遊びをやめるのではない。遊びをやめるから老いるのだ。」

地域活動コースでは、茨木市教育委員会 青少年課の山内得世参事による「地域でデビューしよう」を
テーマに、子ども会への支援を通じ地域で活動する方法などを学びました。
子どもは社会の宝とよく言われますが、家族の在り方が変化している今、社会でサポートして関わる必要性も
増えてきたように思います。
子ども会の実態や活動内容を知り、シニアの出番を見出した講座でした。



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)