FC2ブログ
 

茨木シニアカレッジ        「いこいこ未来塾」ブログ

健康のための運動

12-3 シニア

シニアコースでは、追手門学院大学の辰本頼弘教授による講座がありました。
超高齢社会の現代、これからの課題は・・
「いかに人生の最後まで自立して動き、元気で生きていくか」
そのためには運動が有効とのことです。
昨年の立命館大学の伊坂教授のオープン講座でも課題でしたが、
”継続できる”運動が大切です。

そこで、ボールを使った運動などを教えていただきました。
「2つの事を同時に行う」
「左右で違う動きをする」
といった普段慣れない動きで脳を適度に混乱させ、認知機能を向上させる
ということらしいです。

ユーモアあふれる笑いがいっぱいの講座で、
「これからも続ける!」との声が多く聞かれました。

ちなみに、私は以前右肩をいため1年にわたるリハビリをしていた頃、
いつか脳障害などで機能を失う事もあり得る・・・
と思い、利き手でない左手を意識して使った時期(短いですが)があります。
一文字書くのも一苦労で、どんどん斜めになったり震えたりという結果でした。
根気よく書き続けると、かなりゆっくりですが判読可能な文字を
書けるようになりました。
当然ですが、右手で書く字と全く違います。
左手で書いた字は、角ばって男性が書いたような字でした。
何やら違う人格が書いたようで、不思議な感覚だったのを思い出しました。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)